HOME > フォーラム事業 > かきフォーラム・イン・仙台

 

かきフォーラム・イン・仙台 ご案内

このフォーラムでは、「海のミルク」と呼ばれ、誰もがよく知っているカキについて、生物としての魅力、食品としての魅力をもっと知り学んでいただきます。

3 名の専門家が、カキを生物、食品、健康、食の安全、環境などさまざまな視点から解説します。生産者の代表は市民の食卓へ美味しいカキを届けるためのカキ生産の現場と様々な工夫を紹介します。

昨年は、カキの美味しい時期に、カキからノロウイルスが検出されたため、 宮城産生ガキの出荷が一時休止になりました。出荷再開後も、購入や牡蠣小屋へのお出かけを控えた方が多く、カキを楽しみにされていた皆さんには残念だったのではないかと思います。

そこで今回のフォーラムでは 、ノロウイルスとカキに関するテーマを取上げ、専門家からノロウイルスについての正しい知識を教えていただくことにしました。

*ポスター >> ここから

 

日   時
平成 30 年1 月27 日 ( 土 ) 13:00 〜 16:00 (開場 12:30)  
会  場
仙台市戦災復興記念館 記念ホール  仙台市青葉区大町2-12-1  参加無料 
主 催 ・
協力団体
主 催 一般財団法人かき研究所  (共催)世界かき学会 協 賛 滑C男

後 援

宮城県 仙台市 (公社)宮城県栄養士会 宮城県漁業協同組合 河北新報社 
NHK仙台放送局 仙台放送 TBC東北放送 KHB東日本放送 ミヤギテレビ

参加対象

一般市民、学生・生徒、生産者、流通業者など  (定員 270 人)

テーマ
もっと知ろう、もっと学ぼう―生物・食品としてのカキ、その魅力に迫る―
講  演
「生物・食品としてのカキ」  ( 高橋計介氏 ) 
 

かき研究所常務理事所長・東北大学大学院農学研究科准教授

「ノロウイルスからの感染予防強化」   ( 佐藤寿夫氏 ) 
 

(株)日本微生物研究所専務取締役検査部長

「カキと健康 カキのパワーを検証する」  ( 渡辺 貢氏 )
  ( 株 ) 日本微生物研究所 専務取締役検査部長
「宮城のかき生産 おいしいカキを届けるために」  ( 高橋文生氏 )
  宮城県漁業協同組合石巻湾支所かき部会長
会場内展示

・世界のカキ養殖場写真
・カキの化石など

来場特典 先着 200 名様に「おいしい牡蠣の本」進呈