k

 

解散のお知らせ

このたび、一般財団法人かき研究所は 本年 3 月 31 日をもちまして解散する運びとなりました。
ここに謹んでお知らせいたします。

かき研究所は、昭和 36 年 10 月、旧文部省所管の財団法人として東北大学農学部の故今井丈夫教授らによって仙台と東京の財界の支援を得て設立されました。設立当初、カキ類を中心に研究を進め、わが国で初めてフランスガキとオリンピアガキの種苗生産に成功し、国内外から高い評価を受けました。
しかし、まもなく財政基盤は脆弱となり、これを補うべくアワビの大規模種苗生産も手掛けましたが、受託量減少などから経営が悪化し、平成 6 年 3 月に研究活動を停止しました。その後、同大学農学部が中心となり再建計画を検討し、翌年 10 月に新たな産官学体制で再出発しました。
再建後は様々な紆余曲折を経て、それなりの成果を挙げつつ、今日に至った次第であります。

平成 22 年 11 月内閣府から一般財団法人への移行法人として認可され、事業の軸足を研究事業から社会貢献事業へと移しました。かき産業のグローバルネットワーク構築を目指す中核事業の「世界かき学会事業」は、現在 50 の国と地域から 950 名の会員を擁し、隔年開催の国際かきシンポジウムは 8 回を数えました。
来年はわが国での二度目の開催が決定しており、国内かき産業のさらなる進展に大きく寄与できるものと確信いたしております。

しかし、事業運営は中期的に行き詰まることが鮮明になり、平成 28 年 3 月の理事会において他の財団への吸収合併や解散も選択肢として挙がってきました。このような状況下、当財団の常務理事・研究所長を兼任する東北大学大学院農学研究科の高橋計介准教授から世界かき学会事業および 2 つの研究事業を引受ける旨の申出があり、理事会ではこれまでの経緯からこれを受諾することに異論がありませんでした。
これを踏まえ、定款に存続期間を令和 2 年 3 月 31 日までとする条項の追加が臨時評議員会において承認可決され、このたび解散する運びとなった次第であります。

今日まで長きにわたり当財団をご支援いただきました多くの皆様方に衷心より感謝を申し上げます。

令和2年3月4日

一般財団法人かき研究所
理事長 森 勝義